施設: あけぼのホーム

活動

  • 朝の体操、 参加者の能力に合わせての運動 、脳機能の刺激 (記憶力、集中力、推論力、言語力と認知力)。
  • 日常生活の基本的な行動を促し、練習をする
  • 機能的能力を維持するための刺激: 食事中に一人で食べれるようにする。
  • 適切な姿勢で快適さと安心感を与えること(必要な方には補助器具も準備しています)
  • 日常生活の基本的な活動の訓練とやる気を上げる。
  • 車椅子での適切な姿勢。
 
食べ物を飲み込む事が困難な高齢者のための検査と治療、患者が食べられる料理の提供をしてます
 
輸液している患者のための検査と治療、 常に食べれる物があるかチェックをしてます。
 
台所療法、料理をする際のキメ細かい配慮、過去の楽しかった活動や大切な経験の認知を刺激するグループ活動。
 
特別ランチ、 自分自身で食べたい物(おやつ)を選ばせるモチベーションアップの活動、自律性と認知を高める。
 
グループでの推論、認知能力や言語能力を上げるために設定されたセッション。
 
集団で手作業の活動で(絵画、貼り絵、折紙、編み物、刺繍や工芸品)インセンティブの対話や運動協調の訓練のモチベーションアップ。
 
映画鑑賞、などの様々な活動が行われています。