援協本部にて、映画「ジ・エイジ・オブ・ラブ」をテーマに映画鑑賞&討論会を実施

21/11/2017

老年学専門の医療情報を取り扱うAPTARE雑誌の協賛で、援協福祉部主催の映画鑑賞&討論会がサンパウロ日伯援護協会にて11月21日に開催されました。

このイベントでは70歳以上の高齢者が参加するカップリングパーティーの実話を基に、差別・孤独の問題と高齢者の恋愛を取り上げた映画で、2014年公開されたスティヴィン・ローリン監督の映画「ジ・エイジ・オブ・ラブ」を鑑賞した後、討論会が開かれました。

ブラジル老年医療・老年学会サンパウロ支部老年学部のアウマリ・アラニャ部長が司会を務めた討論会には100名の方が参加されました。


シェア: