イペランジアホーム、クリスマスパーティーを開催

14/12/2017

サンパウロ日伯援護協会傘下施設のイペランジアホームにて、入居者とクリスマスを祝うパーティーが12月14日に開催されました。

このイベントでは入居者に楽しんでもらえるようにビンゴ大会を行った後に、特別な料理を用意した昼食会が開かれました。国際協力機構JICAのボランティアの伊牟田浩子さんが提案したイカのサラダ、マヨネーズ、天ぷらとカキ氷の料理が振舞われました。さらに、今回のイベントのために用意した流しそうめんは入居者の方々に大変好評でした。当ホームの栄養士である松永フラビアさんの指導の下、全ての料理が作られました。

午後は入居者が作成した手作りボールに景品を入れて、目隠しをした入居者が割って遊ぶ「ピニャータ割り」等の催物が行われました。

イベントの最後にはサンタクロースに扮した三島ホーム長が入居者、ひとり、ひとりにプレゼントを配って回り、入居者の方々はとても嬉しそうでした。


シェア: