奄美事業所、フェスタ・ジュニナを開催

30/06/2018

サンパウロ市ビラ・カホン区に所在する社会活動部奄美事業所の第5回フェスタジュニナが6月30日に開催されました。当イベントには奄美事業所運営委員会の税田清七委員長と与座弘委員がご出席されました。

バランスゲーム、釣り、ボール投げ等の屋台とフェスタジュニナ特有の食べ物ブースを設けたこのイベントは来場者を大いに楽しませました。奄美事業所に通う子供たちが当日まで練習したダンスと演劇を発表し、セルタネージョ歌手の「Caio Cesar & Renan」の2人組がさらにイベントを盛り上げました。

イベントが進むにつれ、奄美事業所近隣の住民も参加し、道路に設置したテーブルを囲んで、イベントを楽しんでおられました。

約400人が参加したこのイベントの全ての売り上げは当施設の運営資金に充てられます。

 

社会活動部奄美事業所とは

子供や青少年の非行防止と社会教育を目的として、2002年に社会プロジェクトが発足し、その実行施設として2003年11月7日に奄美事業所が開設されました。

社会教育、スポーツ、レジャーを通じて自分のポテンシャルを上げて健全で文化的な活動を身につけさせ、幸せな責任感ある正しい人間に育つように情操教育を施し、モチベーションを持たせたり、クリエイティブな遊びを取り入れてたりしています。

このような活動がサンパウロ市役所から認められ、市内アリカンドゥーバ市役所社会福祉局は、児童を対象とする福祉共同プロジェクトを推進する目的で、2004年7月から、「奄美事業所」に助成金を支給するようになりました。

このように6歳から11歳の子供及び12歳から15歳の思春期の子供 (CCA) のための施設で設備の整ったパソコン教室があり、食事の提供、ワークショップ、ツアー、慈善バザーなどの活動を行なっており、専門スタッフは、常に全力で子供達のお世話をしています。

 


シェア: